[PR]アフィリエイト広告を利用しています。

大学生のお小遣い平均、バイトなしの収入は?節約術から副収入の作り方!

スポンサーリンク

大学生にとって、お小遣いの管理は重要な課題の一つです。生活費にアルバイト代を加えても足りないことも多く、上手に収支のバランスをとる必要があります。

この記事では、大学生のお小遣いの平均額や、バイトをしない場合の収入源、節約の方法などについて解説しています。

お小遣いに関する疑問や不安を一気に解消できる内容となっていますので、ご参考にしてみてください。

スポンサーリンク

大学生のお小遣い平均と、バイトをしない場合の収入源

①大学生のお小遣い平均はいくら?

ひとくちにお小遣いといっても、学生それぞれの事情によって金額は様々です。

しかし、およそ月額5万円前後がお小遣いの平均的な金額だと言われています。

もちろん、親の収入や生活環境、学生が通う大学の地域などによって変動はあるでしょう。しかし、多くの学生がこの程度のお小遣いを受け取っているようですね。

②バイトをしない大学生の収入源とは?

アルバイトをしない学生の場合、収入源は主に「仕送り」と「奨学金」の二つになるでしょう。

実家暮らしの学生は、両親からお小遣いとして仕送りを受け取るケースが多いようです。

一方で、下宿生や自宅外通学の学生は、奨学金に頼らざるを得ないケースもあります。しかし、奨学金の受給には条件があるので注意が必要ですね。

③実家暮らしと下宿生の違い

実家暮らしの学生と下宿生では、お小遣いの使い道が大きく異なります。

実家暮らしの場合は家賃がかからないので、食費や交通費、娯楽費などに使えます。一方の下宿生は、限られたお小遣いから家賃を払わねばならず、生活費を賢く使う必要があるでしょう。

立場の違いによって、お金の計画を立てるポイントが変わってくるのです。

④奨学金の種類と受給条件

学生が受給できる主な奨学金は、「給付型」と「貸与型」の2種類があります。

給付型は返済の必要がない一方、家計基準などの条件が比較的厳しめです。

一方の貸与型は、卒業後に返済が義務付けられますが、受給条件がゆるやかな傾向にあります。奨学金を活用する際は、それぞれのメリット・デメリットを確認する必要がありますね。

スポンサーリンク

大学生のお小遣い不足を解消する方法

①節約術と家計簿の活用

お小遣いが不足している場合、まず行うべきは「節約」です。食費や交通費などの固定費を見直すだけで、かなりのコスト削減が見込めるはずです。

また、家計簿をつけることで、無駄遣いに気づきやすくなります。一つひとつの出費は小さくとも、それが積み重なると大きな金額に膨れ上がってしまいますからね。

②アルバイトを探す際の注意点

お小遣い不足を解消する有力な手段が、バイト探しです。しかし、働きすぎると勉強に影響が出る可能性もあります。まずは自分の時間的な余裕を考え、無理のない範囲で探すことが大切でしょう。

また、通学に支障がない場所であること、時給が妥当かどうかもチェックが必要です。

③オンラインバイトの利点と欠点

近年では、オンラインでこなせるバイトも増えています。自宅でパソコン一つあれば稼げる点がメリットです。しかし、報酬が安い案件が多かったり、改ざんされたデータを扱うリスクもあり得ます。

確実な収入源として期待するには、デメリットにも注意が必要不可欠ですね。

④家族からの仕送り以外の収入源

奨学金やアルバイト以外にも、収入を得る方法はあります。クラウドソーシングによる内職や、ゲーム課金対価などです。

また、家計を支える家族から仕送りを受けるのも一つの選択肢かもしれません。ただし、倫理的な観点から、節度を持った利用が求められるでしょう。

スポンサーリンク

大学生活を有意義に過ごすためのヒント

①時間管理の重要性

有意義な大学生活を送るには、時間管理が何よりも重要です。授業をしっかり受けること、アルバイトに打ち込むこと、そして勉学と私生活のメリハリをつけること。

これらへの自覚的な取り組みが、充実した日々につながるはずです。手帳を活用するなどして、無駄のない1日を心掛けましょう。

②生活費を賢く使う方法

学生生活は、思わぬ出費が多い傾向にあります。したがって、生活費をいかに賢く使うかが鍵となります。

食費を切り詰めすぎないよう気をつけつつ、日用品は最小限にとどめるなど、無駄を省くことが重要です。友人と外食する際は、みんなで割勘を申し出るなど、小さな工夫も大切にしていきましょう。

③バイト選びのコツ

アルバイトを選ぶ際は、時給の高さだけでなく、通勤時間の長さや負担の大きさなども考慮に入れる必要があります。特に学業に支障をきたさない程度の負荷であることが不可欠です。

そのため、バイトを始める前に、しっかりとシミュレーションをしておくと良いでしょう。

④学生ローンの利用は賢明か?

お金が足りない学生の中には、学生ローンを利用する者もいます。しかし、将来的な返済負担を考えると、安易な利用は避けたいところです。

まずは奨学金やアルバイトで賄えるよう努力することが大切です。それでもなおお金が不足する場合でないと、学生ローンの利用は避けるべきかもしれません。

お小遣いが足りない時の対処法

①アルバイト以外の副収入を得る方法

バイトの時間がとれず、収入が十分でない場合は、アルバイト以外からの副収入を検討するのも一つの手でしょう。例えば、ネット上のクラウドソーシングで内職を請け負う、投資信託などで運用益を狙うなどです。ただし、収入増 Copy

加を目指す以上にリスクが高ければ避けるべきでしょう。無理のない範囲で副収入を得る方法を見つけていくことが賢明でしょう。

②家族に働きかける際の心構え

お小遣いが不足し、家族から仕送りを求める場合は、上手な働きかけが必要不可欠です。一方的に金銭を求めるのではなく、自分自身の努力を示し、家計の状況を具体的に説明することが大切です。

家族の理解を得られるよう、謙虚な姿勢で臨むことが何より重要なのです。

③奨学金申請のメリットとデメリット

奨学金を利用することで、お小遣いの心配がなくなるメリットはあります。しかし、多額の借入となれば、将来的な返済負担に耐えられるか不安もあるでしょう。給付型と貸与型それぞれの長所短所をよく検討し、自身の事情に合った選択をする必要があります。奨学金は有力な手段ですが、慎重に検討すべき事柄でもあるのです。

④生活習慣を見直す重要性

結局のところ、お小遣いが足りないのは生活習慣が乱れているためかもしれません。朝型生活を心がけ、節約を実践すれば、かなりのコストダウンが期待できます。一人暮らしならば、料理を作る習慣をつけることで外食費を削減できるでしょう。

このように、自分自身の生活リズムやスタイルを見直すことが、お小遣い対策の近道となり得るのです。

お小遣い管理のコツと心がけるべき点

①予算作りとpriorityの付け方

お小遣い管理の第一歩は、しっかりとした予算作りから始まります。まずは必要経費を算出し、次に優先順位(priority)を付けていきます。

最低限の生活費、学費などが最優先で、それ以外はできる限り節約を心がける必要があります。こうした作業を毎月続けることで、無駄な出費を減らせるはずです。

②買い物の際のマインドセット

お小遣い管理における肝心なポイントが、「買い物のマインドセット」です。つまり、冷静に物を見る態度が大切なのです。ワンシーズンものを安く買えばコスパは良いかもしれませんが、本当に必要なものなのか、よく吟味する必要があります。

欲しいという気持ちに流されすぎず、控えめな買い物を心がけましょう。

③貯蓄の大切さ

お小遣いを上手に管理するには、「貯蓄」するクセをつけることが何より有効です。毎月の収支をきちんと計算し、余剰金が出れば積み立てに回すよう心がけてください。

目標額を設定し、それに向かって着実に貯めていけば、いつかは夢のための資金にもなり得るでしょう。少しずつの積み重ねが、収支改善への第一歩なのです。

④節約とは何か?

最後に、「節約」とはどういうことなのか、改めて考えてみましょう。それは、無駄を省くことであり、むやみに使うのを控えることです。

しかし、あまりにも極端に行うと、生活の質を下げてしまう恐れもあります。適度な節約を心がけながら、ときにはご褒美を与えるなど、上手くバランスを取ることが肝心なのです。節約は目的ではなく、健全な生活のための手段だと意識しましょう。

まとめ

お小遣い管理で大切なことは、無駄な出費を避け、しっかりと貯蓄を心がけることです。必要以上に生活を切り詰めすぎないよう気をつけながらも、日頃の節約を怠らず、着実に資金を貯めていくことが重要です。また、アルバイトや奨学金の活用、クラウドソーシングなどの副収入確保なども検討すべきでしょう。きめ細かな工夫を重ねることで、お小遣い不足の解消につながるはずです。

イベント
スポンサーリンク
error:
タイトルとURLをコピーしました